バス料金案内

国土交通省の指導により、H26.4.1から貸切バスご利用時には
「運賃」+「料金」+「実費」が必要となりました

運賃は「時間制運賃」と「キロ制運賃」の合算額です

運送コストを時間コストとキロコストに区分して算定した合理的で解りやすい制度である
「時間キロ併用制運賃」に一本化されました。

時間制運賃+キロ制運賃=運賃

時間制運賃

最低走行時間を3時間とし、出庫前および帰庫後の点検等の2時間分を全ての走行時間に加算し、1時間当たりの運賃額を乗じた額となります。

※宿泊を伴う場合
宿泊地到着後および宿泊地出発前の各1時間を点検等の時間として加算。

<時間制運賃の計算式>
走行時間+2時間(点検等の時間)×時間単価
※走行時間は、30分未満は切り捨て、30分以上は1時間に切り上げ。

キロ制運賃

走行キロ(出庫から帰庫までの距離をいいます)に1km当たりの運賃額を乗じた額となります。

<キロ制運賃の計算式>
走行キロ×キロ単価
※走行キロは、10km未満は10kmに切り上げ。

※3時間以内の走行時間の場合(最低運賃)

(3時間+2時間)×時間単価+キロ制運賃

平成26年4月からの公示運賃表

関東運輸局管内

運賃 車種 上限額 下限額
時間制運賃
(1時間当たり)
大型車 7,680円 5,310円
中型車 6,480円 4,490円
小型車 5,560円 3,850円
キロ制運賃
(1km当たり)
大型車 170円 120円
中型車 150円 100円
小型車 120円 80円

<運賃の割引>

  • ①身体障害者福祉法、知的障害者福祉法及び児童福祉法の適用を受ける者の団体については3割引となります。
     ※時間制運賃、キロ制運賃の合算額の下限が限度。
  • ②学校教育法による学校(大学及び高等専門学校を除く)に通学又は通園する者の団体については2割引となります。
     ※時間制運賃、キロ制運賃の合算額の下限が限度。
  • ③2つ以上の割引条件に該当する場合はいずれか高い率を適用し、重複して運賃の割引はできません。

料金には3つの種類があります。

料金は、①「交替運転者配置料金」、②「深夜早朝運行料金」、③「特殊車両割増料金」の3つです。

<料金の取り扱い>

料金の種類は届出の対象とし、金額は各事業者で自由に設定できます。(交替運転者配置料金は金額が公示されています。)

① 交替運転者配置料金

交替運転者を配置する場合に適用されます。
(具体的には、時間制運賃およびキロ制運賃の運賃単価の人件費相当額です。) 交替運転者配置料金は上限額および下限額の範囲内で適用されます。

② 深夜早朝運行料金

深夜22時〜翌朝5時の間に点検等の時間および走行する時間が含まれる場合は、その時間に対して適用されます。

③ 特殊車両割増料金

事業者の創意工夫による新しい車両の導入を図るための料金です。標準的な装備を超える特殊な設備を有する車両で、(特殊設備車両購入価格÷座席数)>(標準的車両購入価格÷座席数)が70%以上高額の場合にのみ適用されます。

料金 上限額 下限額
交替運転者
配置料金
キロ制運賃
(1km当たり)
40円 30円
時間制運賃
(1時間当たり)
3,080円 2,130円
深夜早朝運行料金 時間制運賃及び 交替運転者配置料金
(時間制料金)の2割以内
特殊車両割増料金 運賃の5割以内

運賃・料金以外は実費となります。

利用者の求めにより運賃・料金以外の経費が発生した場合は、その実費を負担していただきます。

例、ガイド料・有料道路利用料・駐車料・乗務員宿泊料など
旅行業者など運送申込者に交付する「運送引受書」に運賃・料金や実費の内容を記載します。

貸切バス事業者に対する
行政処分等の基準

貸切バスの運賃・料金は国土交通省への届出が必要です。
届出を行わない場合や届出の範囲を逸脱した場合は、法令に基づき行政処分等が行われます。

道路運送法第9条の2第1項
(運賃・料金事前届出、運賃・料金変更事前届出違反)
初違反:20日車の車両使用停止
再違反:40日車の車両使用停止

道路運送法第10条
(運賃又は料金の割り戻しの禁止違反)
初違反:20日車の車両使用停止
再違反:40日車の車両使用停止

貸切バスのお見積もり時には下記情報が必要となります!

①ご利用予定日
②乗車予定人数
➂バスの種類/台数(ご希望があれば)
④出発地/出発時間

⑤目的地(複数立寄りの際はそれぞれの場所)
⑥帰着時間
⑦バスガイドの有無

制度の変更により、お客様にはご不便をおかけしますが、
ご不明な点はどうぞお気軽にご連絡くださいませ。