民間救急事業

緊急性が無い患者様の転院や退院
住宅医療患者様の通院手段を提供致します。

民間救急事業サービスとは?

民間救急サービスとは、国土交通省の免許・管轄する消防の認定を受け、緊急性のない傷病者を対象に搬送を行うサービスです。

こんな時にご利用ください!

こんな時にご利用ください

  • 寝たままの状態で通院・転院・入退院をしたい時。
  • 救急車を呼ぶほどではないがマイカーでの移動が心配な時。
  • 点滴や酸素など医療処置を続けながら移動したい時。 (医師または看護師の同行が必要です。弊社より看護師同乗の搬送も可能ですのでお問い合わせください。)
  • 病気やケガで病院へ行きたいが、移動が困難な時。
  • 寝たままの状態で長距離移動したい時。
  • 各種イベントの救護室として。

民間救急は「緊急車両」ではありません。
サイレンや赤色灯を使用しての優先走行はできません。
緊急の場合は速やかに消防救急(119)を要請してください。

乗務員の資格

乗務員の資格

弊社乗務員は日本赤十字社等で行われる救急法講習を修了しております。
また、事業所を管轄する消防本部が認定する、「患者等搬送乗務員適任証」
および各機関主催の「ホームヘルパー2級修了証」を所持、携行しています。

ぜひまた利用したいです。
昨年12月にツアー旅行で群馬県へ訪れたところ、体調を悪くして入院となってしまいました。
お正月をなんとか自宅近くの病院で迎えたく搬送をお願いしたところ、雪の中安全に運転していただいたり、家族が同行できなくて心細かったのですが、楽しい会話やテレビを見ながらの搬送のお陰で、遠方でしたがあっという間に帰ることができました。
ありがとうございます。
40代 女性
ぜひまた利用したいです。
近距離の搬送でしたが、会話がはずみ安心して転院できたので2度目の転院をお願いし、無事に転院できました。
50代 男性

『MY経済情報』に記事が掲載されました

『MY経済情報』に記事が掲載されました
『MY経済情報』に記事が掲載されました